負傷のFW大迫勇也、オマーン戦先発回避も… “ボール整理係”でチームサポート

オマー戦、ベンチからチームをサポートするFW大迫【写真:Getty Images】
オマー戦、ベンチからチームをサポートするFW大迫【写真:Getty Images】

初戦トルクメニスタン戦2ゴールの大迫、右でん部の違和感でオマーン戦先発落ち

 日本代表は13日のアジアカップ・グループリーグ第2戦オマーン戦の前半を1-0とリードして折り返したなか、ハーフタイムに出場を回避したFW大迫勇也(ブレーメン)がピッチに登場。全体のウォーミングアップには加わらず、ピッチ脇で軽くボールを蹴った一方、最後までボール整理係を務めてチームを支えた。

 9日の初戦トルクメニスタン戦で2ゴールを叩き込むなど3-2の勝利に貢献した大迫は、昨年末から痛めていた右でん部の違和感によりオマーン戦はベンチスタート。森保一監督も前日会見で「おそらく明日は難しい」と公言し、出場を見送る考えを示していた。

 オマーン戦では大迫の代わりにFW北川航也(清水エスパルス)が抜擢されたなか、大迫はベンチ入り。1点リードで前半を折り返し、ハーフタイムにサブ組がウォーミングアップを始めるなか大迫も姿を現すが、ピッチ脇で軽くボールを蹴るのみで体は動かさなかった。

 時間一杯で選手たちが引き上げるなか、大迫はボールを他の選手たちから集めると、スタッフとともに袋にボールを入れるなど裏方に徹した。選手の中では最後までピッチに残り、ボール回収をし終えたのを確認するとそのまま会場内へと引き上げている。

 オマーン戦の出場は見送られた大迫だが、この日はボール整理を手伝うなどチームをサポートしている。

【PR】CB昌子源がトゥールーズへ移籍。新たな日本人DFの挑戦をDAZNで見届けよう!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング