日本代表、決勝T進出へ貴重な先制点 MF原口元気がPK奪取&ゴールで存在感を発揮

先制点を決めた日本代表MF原口(右)【写真:Getty Images】
先制点を決めた日本代表MF原口(右)【写真:Getty Images】

前半26分、南野のシュートがGKに弾かれたこぼれ球に飛び込んだ原口が倒されてPK獲得

 決勝トーナメント進出に向けて、まずは貴重な先制点を手にした。13日に行われたアジアカップ第2戦のオマーン戦、前半から波状攻撃を仕掛けた日本は28分にMF原口元気(ハノーファー)のPKで均衡を破った。

 日本はエースFW大迫勇也(ブレーメン)が負傷でベンチスタートとなるなか、2列目で先発したMF堂安律(フローニンゲン)やMF南野拓実(ザルツブルク)を中心にオマーン陣内に攻め込んだ。

 序盤に作り出した再三の決定機はオマーンGKファイズ・アルルシェイディの好セーブなどで防がれたが、前半26分に南野拓実のシュートがGKに防がれた後、こぼれ球に詰めていた原口が相手DFに倒されてPKを獲得。これを自らゴール左に決めた。

 スタジアムにはオマーンサポーターが多く駆け付けるなどアウェームードのなかでの試合となっているが、引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる日本はこの重要な一戦で先制ゴールを手にした。

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング