香川真司、仏1部ボルドー移籍急浮上! 6カ月レンタルでドルトムントとクラブ間合意か

香川にフランス行きの可能性が急浮上している【写真:Getty Images】
香川にフランス行きの可能性が急浮上している【写真:Getty Images】

フランス人記者の情報として独メディアが報道

 今冬の去就が注目されるMF香川真司に、フランス行きの可能性が急浮上している。ドルトムントとフランスの名門ボルドーが、期限付き移籍で合意に達したとの情報が出たと、ドイツメディア「sport.de」が報じている。

 これはフランスのジャーナリスト、エリック・バレール氏が明かしたもので、両クラブは香川のレンタル移籍について交渉し、基本合意に至ったという。移籍期間は6カ月で、金額は不明だが買い取りオプションも付帯しているという。ただし、香川の合意はまだ取り付けていないとのことだ。

 香川はドルトムントと2020年6月まで契約を結ぶが、今季前半戦はトップチームで公式戦わずか4試合にしか出場しておらず、今冬での退団が噂されている。本人はスペインへの移籍希望を口にしていたが、現時点では同国のクラブから正式オファーが届いたという情報は出ていない。

 もしボルドーに移籍することになれば、香川はマルセイユDF酒井宏樹、ストラスブールGK川島永嗣、トゥールーズDF昌子源に続き、今季のリーグ・アンでプレーする4人目の日本人選手となる。果たして香川は、今冬の移籍市場でフランス行きを選択することになるのか。今後の動向が注目される。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング