流経大柏の“J内定控えGK”が今大会初出場 「涙が出そうになった」大拍手に抱いた思い

後半30分から途中出場した猪瀬【写真:Noriko NAGANO】
後半30分から途中出場した猪瀬【写真:Noriko NAGANO】

大量リードを奪い後半30分から途中出場「出るかもしれないぞと監督から言われた」

 第97回全国高校サッカー選手権準決勝、この日一番の歓声は“J内定の控えGK”登場の瞬間だった――。

 12日に行われた準決勝第2試合・流通経済大柏(千葉)は瀬戸内(広島)に5-0で大勝し、2年連続の決勝進出を果たした。この試合に後半30分から途中出場したのは、J2・FC琉球の内定が決まっていながら控えGKの猪瀬康介だ。

 10日に琉球への内定が決まっていながら、今大会は出場ゼロ。それは1年生GK松原颯汰の存在があったから。今大会通じて1失点のみと堅守の中心となっている松原に、3年生の猪瀬はレギュラーを譲る形となっていた。

 しかし、この日の流通経済大柏は序盤から立て続けにゴールを揺らし、前半終了時点で3-0。「1点目が入ってから『もしかしたら大量点の展開になるのでは』と予測していました」と猪瀬が語り、本田裕一郎監督からもこう声をかけられていたそうだ。

「ハーフタイムの時に『出るかもしれないぞ』と監督から言われました。それもあっていつもいい準備をしていますが、それ以上の準備をしようと気持ちを高めてアップできました」(猪瀬)

【PR】Jリーグシーズンの次は、海外リーグの熱闘が!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング