辛勝の日本、アジア杯開催国メディアは課題を指摘 「大迫と権田が問題点となった」

FW大迫勇也の立て続けゴールで逆転した日本代表【写真:AP】
FW大迫勇也の立て続けゴールで逆転した日本代表【写真:AP】

日本を救う2ゴールも…大迫に厳しい指摘

 日本代表は現地時間9日、アジアカップ初戦でトルクメニスタンと対戦し3-2で競り勝った。相手に先制点を与えながら白熱した打ち合いを制した森保ジャパンだったが、海外メディアは日本が露呈した課題について言及している。

 日本は前半26分にトルクメニスタンMFアルスラン・アマノフにワールドクラスのミドル弾を叩き込まれ先制を許したが、後半11分、15分とFW大迫勇也が立て続けにゴールを決めて逆転すると、同26分にはMF堂安律がネットを揺らし追加点を奪った。同34分にPKを決められるも、3-2で逃げ切ることに成功した。

 しかし、アジアカップの開催国であるUAEのメディア「Sport360°」は「2ゴールの大迫と権田は日本にとっての問題点となった」と報じ、大迫と権田が露呈した課題を挙げている。

 大迫に関しては勝負を決める2ゴールを挙げたことを評価しつつも、「試合中に得た多くのチャンスを無駄にしていた。その数は、(ドバイの)ジュメイラビーチの砂を計算するのと同じかもしれない」と、90分間を通して得た数多くのチャンスをフイにしていたことを強調していた。

 また、権田についても「サムライブルーはロシアW杯後、ミスが多い傾向にある川島永嗣から移行したが、権田もまたミスをする傾向にあった」と、2失点とも避けるべき失点であったことを指摘。2失点目のPKの場面に加え、1失点目の場面も「先制点では強烈な一撃でひどい仕打ちを受けることになったが、それでもペナルティーエリアからはほど遠い距離だったはずだ」と綴っている。

 次戦ではオマーンとの対戦を控えている日本だが、FIFAランキング127位のトルクメニスタン相手の思わぬ苦戦から改善できるのか、注目が集まる。

【PR】Jリーグシーズンの次は、海外リーグの熱闘が!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング