「日本が唖然」 トルクメニスタンMFの“衝撃30m弾”に海外注目「大会ベストゴール」

強烈なミドルシュートを決めたトルクメニスタン代表MFアマノフ【写真:AP】
強烈なミドルシュートを決めたトルクメニスタン代表MFアマノフ【写真:AP】

アマノフが強烈な先制ミドルで度肝を抜く「壮観な一振りは日本にショックを与えた」

 日本代表は9日に行われたアジアカップ初戦でトルクメニスタンと対戦し、3-2で勝利を収めた。打ち合いとなった一戦で日本を苦しめる口火を切った強烈な先制ミドル弾に海外メディアがスポットライトを当てている。

 FIFAランキング50位の日本は、同127位のトルクメニスタン相手に苦戦。前半26分、試合は思わぬ形でスコアが動いた。トルクメニスタンMFアルスラン・アマノフが左サイドでボールを受けると、カットインして約30メートルの距離から右足を振り抜く。矢のように放たれたシュートはGK権田修一(サガン鳥栖)の手を弾き、豪快にゴールへ。日本は先制点を奪われてしまった。

 このワールドクラスのミドル弾を、衛星放送「FOXスポーツ」アジア版は「トルクメニスタンが衝撃的な一撃で日本が唖然となった」とフォーカス。「壮観な一振りは日本にショックを与えた」と指摘し、「30〜35ヤードの距離から放たれたこのゴールはおそらく大会ベストゴールになるだろう」と惜しみない賛辞を送った。

 その後、後半11分、15分にFW大迫勇也(ブレーメン)が立て続けにゴールを奪って逆転。同26分にはMF堂安律(フローニンゲン)がネットを揺らしたなか、同33分にはトルクメニスタンにPKを与え、最終的に3-2と白熱した打ち合いを演じることになった。

 優勝を目指す日本は思わぬ苦戦を強いられたが、試合の口火を切るアマノフのセンセーショナルなミドル弾は、海外にも大きな驚きを与えたようだ。

【PR】Jリーグシーズンの次は、海外リーグの熱闘が!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング