「日本の強さは本物」と海外メディアが逆転劇称賛 大迫の2発は「クールで冷静」

後半に4分間で2ゴールをマークしたFW大迫勇也【写真:AP】
後半に4分間で2ゴールをマークしたFW大迫勇也【写真:AP】

トルクメニスタンに大苦戦も3-2と貫禄の勝利で白星スタート

 森保一監督率いる日本代表は9日、UAEで開催されているアジアカップのグループリーグ初戦で、トルクメニスタンに3-2と逆転勝利を飾り白星スタートを飾った。1トップを務めたFW大迫勇也は、後半に4分間で2ゴールをマーク。衛星放送「FOXスポーツ」アジア版は、大迫の2得点目の動画を紹介するとともに称賛の言葉を送っている。

 前半26分にトルクメニスタンに先制を許し、1点のビハインドで迎えた後半、沈黙していた大迫が覚醒した。まずは後半11分、左サイドのMF原口元気からグラウンダーのパスを右足でトラップすると、左足でキックフェイントを繰り出してDFを翻弄。右足のシュートでネットを揺らした。

 さらに1-1の同点とした4分後、再び左サイドから今度はDF長友佑都の右足アウトサイドのクロスを大迫がダイレクトで合わせて、勝ち越しに成功した。

「FOXスポーツ」アジア版は、「ユウヤ・オオサコのクールで冷静な2ゴールで日本は逆転した」とコメント。大迫がネットを揺らすまでは、トルクメニスタンが素晴らしいパフォーマンスを見せていたとしたが、「日本はその強さが本物だということを証明した」と、苦戦しながらも見事な逆転勝利を収めた森保ジャパンの戦いぶりを称賛した。

【PR】Jリーグシーズンの次は、海外リーグの熱闘が!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング