「並外れた一撃で日本に衝撃」 森保ジャパンが喫した圧巻の30mミドル弾に海外騒然

鮮やかなミドルシュートを決めたトルクメニスタン代表MFアマノフ【写真:AP】
鮮やかなミドルシュートを決めたトルクメニスタン代表MFアマノフ【写真:AP】

前半26分、トルクメニスタンMFアマノフに先制弾を許して1点ビハインドで後半へ

 日本代表は現地時間9日、アジアカップ初戦のトルクメニスタン戦で、前半26分に先制点を許して0-1のビハインドで前半を折り返した。海外メディアはトルクメニスタンの鮮やかなミドル弾を「日本に衝撃を与えた」と伝えている。

 FIFAランキング50位の日本は、同127位のトルクメニスタンと激突したが、相手の粘りの守備の前になかなか突破口を見出せない時間が続く。すると0-0で迎えた前半26分、思わぬ形でスコアが動いた。

 トルクメニスタンのMFアマノフが左サイドの約30メートルの距離から右足を一閃。強烈な一撃が日本ゴールを襲い、日本GK権田修一がかろうじてシュートに触れたが、ボールはそのままネットに突き刺さり、先制点を献上してしまった。

 ワールドクラスのミドル弾に、衛星放送「FOXスポーツ」サッカー版の公式ツイッターは「ビッグバン! トルクメニスタンが並外れた一撃で日本に衝撃を与える」と、驚きを持って報じた。

 出鼻をくじかれる格好となった日本だが、後半の反撃に期待が懸かる。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング