「楽しみ」 長友佑都、“W杯盟友ライン”再結成に自信 「良いコンビだと思っている」

ロシアW杯で存在感を示した乾と長友の縦コンビ、アジアカップでの連係に期待が高まる【写真:Getty Images】
ロシアW杯で存在感を示した乾と長友の縦コンビ、アジアカップでの連係に期待が高まる【写真:Getty Images】

追加招集3選手は森保ジャパン初選出 連係課題も長友が手応え「1日だけでも良くなった」

 日本代表は9日にアジアカップ・グループリーグ初戦トルクメニスタン戦を迎える。左サイドバックで先発出場が予想されるDF長友佑都(ガラタサライ)は、「良いコンビだと思っている」とロシア・ワールドカップ(W杯)で共闘した盟友の名前を挙げ、強力ホットラインに自信を覗かせた。

 アジアカップに臨む日本代表は大会前から相次いでアクシデントに見舞われた。12月12日のメンバー発表後、同18日にFW浅野拓磨(ハノーファー)が負傷離脱し、FW武藤嘉紀(ニューカッスル)の追加招集が決定。12月の国内合宿ではFW大迫勇也(ブレーメン)がでん部打撲で別メニュー調整となり、MF遠藤航(シント=トロイデン)は39度の発熱でチームより2日遅れでUAE入りした。

 さらに初陣3日前の1月5日、MF中島翔哉(ポルティモネンセ)とMF守田英正(川崎フロンターレ)も負傷離脱し、MF乾貴士(ベティス)とDF塩谷司(アル・アイン)が追加招集されている。

 初戦に向けて「チームは緊張感が出てきている」と証言した長友は、「戦術の確認も含めて練習からかなりピリッとしてきている。ちょっとワールドカップの時に似ているテンションが流れている」と明かす。

 追加招集の3選手はいずれも森保一体制下で初選出となり、周囲との連係面に不安を抱える。全23人が揃っての初練習は6日と大会直前になり、7日のトレーニング後に長友は「みっちり戦術の確認はした。今日1日だけでも連動性も含めて良くなったのかなと感じている」と手応えを口にしていた。

【PR】Jリーグシーズンの次は、海外リーグの熱闘が!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング