長身FW望月が先制弾&PK奪取! 前回4強の矢板中央、2-1で日章学園を破り初戦突破

先制ゴールを決めた矢板中央のFW望月謙【写真:Football ZONE web】
先制ゴールを決めた矢板中央のFW望月謙【写真:Football ZONE web】

勝負強さを見せたエース、2得点に絡み勝利に貢献

 長身の点取り屋が試合を決めた。第97回全国高校サッカー選手権の2回戦が2日に各地で行われ、ニッパツ三ツ沢球技場の第1試合では、昨年ベスト4の矢板中央(栃木)がFW望月謙のゴールとPK奪取の活躍により、日章学園(宮崎)を2-1で下した。

 1回戦シード校同士による一戦。前半、風下に立った矢板中央は日章学園のロングボールを中心とした攻めにあい、何度かピンチを招いた。しかし、前半20分には左サイドからチャンスを作り、FW望月が先制点をマーク。日章学園GK小原司はクロスボールの処理のために飛び出したがキャッチできず、流れたところを拾った望月が確実に押し込んだ。

 後半に入ると16分に望月がドリブルでペナルティーエリア内に侵入。ファウルを受けて倒され、矢板中央がPKを獲得した。これを10番MF飯島翼がゴール左に沈めた。

 0-2で迎えた同20分には日章学園も反撃を見せ、CKから相手のオウンゴールで1点差に詰め寄る。その後も一進一退の攻防となったが、スコアは動かず矢板中央が2-1で逃げ切った。

 前回大会ベスト4の矢板中央は、ガーナ人の父を持ち、2年連続全国大会のピッチに立った長身ストライカー望月の存在が光り、3回戦に駒を進めた。

【PR】Jリーグシーズンの次は、海外リーグの熱闘が!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(石川 遼 / Ryo Ishikawa)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング