ピッチ外の動きも超一流!? メッシ&スアレスが試合2時間後に搭乗、休暇へ出発

スアレスとメッシ【写真:Getty Images】
スアレスとメッシ【写真:Getty Images】

セルタ戦で2018年の日程終了、クリスマス休暇を過ごすため家族とプライベートジェットで母国へ

 バルセロナは現地時間22日に行われたリーガ・エスパニョーラ第17節セルタ戦で2-0の勝利を飾り、2018年を首位で折り返した。この試合で2ゴールに絡んだのはエースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシだが、スペイン紙「マルカ」によると試合終了直後、クリスマス休暇を過ごすためにウルグアイ代表FWルイス・スアレスと一緒に出発したのだという。

 セルタ戦もバルサの攻撃の中枢はメッシだった。前半10分、ペナルティーエリア外の中央でボールを持ったメッシは、オフサイドラインぎりぎりを抜け出た左サイドバックのDFジョルディ・アルバにロングパスを送る。折り返しに走り込んだメッシの強烈なシュートこそ相手GKに防がれたものの、フランス代表FWウスマン・デンベレが詰めて先制点を奪った。

 そして前半終了間際の45分、アルバからの斜めのスルーパスを受けたメッシは丁寧なファーストタッチから相手GKの逆を突く鋭いシュートで、ゴール右隅を揺らして追加点をゲット。自身今季リーガ15得点目となるゴールで、試合を早くも決定づけた。

 本拠地カンプ・ノウで勝利を飾ったバルサは、この試合が2018年ラストゲーム。選手たちは束の間のクリスマス休暇へと突入したが、その“動き出し”はピッチ上と同じように素早かったのだという。

「バルサの選手はクリスマス休暇を楽しむために、家族と出発した。メッシは最近買ったプライベートジェットを利用し、ルイス・スアレスとともに試合終了わずか2時間後、生まれ故郷のロサリオへと向かった。飛行計画はその後、ウルグアイへと向かう」

 また遅刻癖が目立つデンベレも、友人とともにプライベートジェットを使ってパリへと旅立っていったという。カンプ・ノウからバルセロナのエル・プラット空港は10数キロのところにあるが、試合終了からたった120分後にはプライベートジェットで空の旅へと向かうあたり、さすが数十億円単位の金額を稼いでいるメッシとスアレスの移動手段と言える。

 ゲームメーカーとしての広い視野、アタッカーとしての決定力を見せつけたメッシだが、オンとオフの切り替えの早さも超一流、といったところだろうか。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング