英紙選定「アジア杯MVP候補」 日本代表から1人指名…「大きな期待を背負っている」

2大会ぶりの優勝を目指す森保ジャパン【写真:Getty Images】
2大会ぶりの優勝を目指す森保ジャパン【写真:Getty Images】

英紙が24歳MF中島に注目、「高速アタッカーが大会を盛り上げる」

 来年1月にUAEでアジアカップが開催される。開幕が刻一刻と近づくなか、英紙「デイリー・テレグラフ」はアジア杯を展望。そのなかで大会MVP(最優秀選手)候補を3人指名し、日本代表からある選手がリストアップされている。

 日本代表は26日から国内合宿をスタートさせ、30日には流通経済大学とのトレーニングマッチを組んでいる。その後は現地で調整を続け、1月9日のグループリーグ初戦でトルクメニスタン、同13日の第2戦でオマーン、同17日の第3戦でウズベキスタンと対戦する。日本は今月12日に大会メンバー23人を発表したが、その後に負傷したFW浅野拓磨(ハノーファー)に代わってFW武藤嘉紀(ニューカッスル)を追加招集するハプニングに見舞われている。

 2011年大会以来の優勝を目指す日本のなかで、英紙「デイリー・テレグラフ」も注目を寄せる選手がいる。それがポルトガル1部ポルティモネンセに所属する24歳MF中島翔哉だ。

日本代表MF中島翔哉【写真:Getty Images】
日本代表MF中島翔哉【写真:Getty Images】

 同紙は「大会MVP候補」として3選手をリストアップ。韓国代表FWソン・フンミン(トットナム)、オーストラリア代表MFアーロン・モーイ(ハダースフィールド・タウンFC)とともに中島の名前を挙げた。

「ポルティモネンセのナカジマはポルトガルで躍動しており、その肩に大きな期待を背負っている。日本は最近、ケイスケ・ホンダ、シンジ・カガワ、タカシ・イヌイが不在だが、この24歳が期待感を生んでいる。高速アタッカーが大会を盛り上げると思われており、それこそサムライ・ブルー(日本)が大会の優勝候補である理由だ」

 中島はプレミアリーグをはじめ、複数の移籍話が浮上している。イングランドも注目を寄せる男が日本を優勝へ導き、自身もMVPを受賞できるだろうか。

>>【PR】年末はDAZNで『GIANT KILLING』! アニメ全26話一挙配信決定!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング