C・ロナウド、通算7度目の対戦のローマを牽制 「ユニフォーム交換したい選手はいない」

ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】
ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

06-07シーズンのCLで唯一敗戦も第2戦で逆転勝利「ドリブルを止めてくれと言われた」

 今夏にレアル・マドリードからイタリア王者ユベントスへ移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間22日のセリエA第17節でキャリア通算7回目のASローマ戦に挑むが、「ローマにユニフォームを交換したい選手はいない」と語っている。イタリアのサッカー専門サイト「カルチョメルカート・コム」が報じた。

 ロナウドは2003年に母国ポルトガルの強豪スポルティングから、プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドへ移籍。“赤い悪魔”での6年間で3回のリーグ制覇を果たし、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)やFIFAクラブワールドカップ(W杯)など数多くのタイトルを獲得した。その後、レアルでの9シーズンでも絶対的エースとして、4回のCL優勝などに大きく貢献した。

 輝かしい経歴のなかで、ロナウドはローマと過去に6回対戦し、5勝1敗をマークしている。唯一敗れたのは、ユナイテッド時代の2006-07シーズンCL準々決勝第1戦。ユナイテッドは1-2で黒星を喫し、ホームでの第2戦に臨んだ。第2戦でユナイテッドは、ロナウドの2ゴールを含む大量7得点を挙げ、圧巻の逆転勝利で準決勝に駒を進めた。

 ロナウドは7-1で勝利した当時の試合をこう振り返っている。

「試合が6-0になった時、僕は彼ら(ローマ)に止まってほしいと言われた。相手の一人はドリブルを止めてくれと僕に懇願し、僕に怪我をさせると脅してくる選手もいた。ローマ? あそこに僕がユニフォームを交換したい選手はいないね」

 サッカーでは試合後に、選手が互いの健闘を称え合うためにユニフォーム交換をすることがあり、特にロナウドやバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのユニフォームは人気だが、ローマの選手がロナウドの一枚を手にするのは難しいかもしれない。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング