ドルトムント香川、“盟友”シャヒンとの再会2ショット公開 「また会えて嬉しい」

ドルトムントMF香川真司(左)、ブレーメンMFシャヒン(右)【写真:Getty Images】
ドルトムントMF香川真司(左)、ブレーメンMFシャヒン(右)【写真:Getty Images】

バイエルン戦を控え、ブレーメンに所属するシャヒンと大迫との2ショットをSNSに投稿

 ドルトムントは現地時間15日、ブンデスリーガ第15節でブレーメンと対戦する。MF香川真司はインスタグラムのストーリー(24時間で自動削除される写真・動画)で、かつてドルトムントで共闘した元トルコ代表MFヌリ・シャヒン、ともにロシア・ワールドカップ(W杯)を戦った日本代表FW大迫勇也との2ショットを公開している。

 香川はここまでブンデスリーガで2試合、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)とDFBポカールで1試合ずつに出場。プレータイムは205分に止まっている。

 11月6日にはU-23チームの一員としてレギオナルリーガ(4部相当)でプレーし、1試合4アシストを記録。しかし、トップチームではポジション争いでライバルに遅れを取っており、リーグ戦では9月26日の第5節ニュルンベルク戦(7-0)以降は出番がない。

 1月の移籍マーケット再開が近づき、メディアも各クラブの選手補強や放出の動きに注目。ブンデスリーガ首位を快走するドルトムントでは、出番の少ない選手に関する放出の噂が盛んに報じられ、11月には香川自身がスペイン行きを望んでいるとの報道が出た。

 15日にはブレーメンと対戦するが、古豪に所属する旧友たちと親交を温めたようだ。同日の公式インスタグラムのストーリーには、ドルトムントで5年間共闘し、リーグ優勝の喜びも分かち合ったシャヒンとの2ショットを公開。「nice to see you again」(また会えて嬉しい)と、日本とトルコの国旗付きで投稿すれば、シャヒンも自身の公式インスタグラムで香川のアカウント名にマジシャンのシルクハットの絵文字を据えて同じ画像を披露していた。

 また、香川はロシアW杯で日本代表として共闘した大迫とサムアップポーズを決めた2ショットには、「刺激貰ったわ」というメッセージとともに、2018年の流行語大賞トップ10に入った「半端ない」のハッシュタグを添えた。

 来年1月に開幕するアジアカップ日本代表メンバーからも外れ、苦境の続く香川だが、かつての仲間たちからの刺激を糧に巻き返したいところだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング