「虹をかけた」 ネイマール、鮮やかなヒールリフトに実況も感嘆「オーイエス!」

パリ・サンジェルマンFWネイマール【写真:AP】
パリ・サンジェルマンFWネイマール【写真:AP】

CLリバプール戦の試合終了間際、スイス代表MFシャキリをトリッキーな足技で突破

 パリ・サンジェルマン(PSG)は現地時間28日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第5節でリバプールを2-1で破り、C組2位に浮上した。ブラジル代表FWネイマールはチーム2点目を挙げて勝利に貢献したが、試合終了間際には鮮やかなヒールリフトを披露し、「虹をかけた」「空中技」と注目を浴びている。

 PSGは前半13分にスペイン代表DFファン・ベルナトのゴールで先制すると、同37分にはネイマールが続き2点のリードを奪った。前半アディショナルタイムに1点を返されたが、そのまま2-1で逃げ切り、アウェーでの対戦で2-3と敗れたリベンジを果たした。

 スポットライトを浴びたのは、2-1で勝利を目前にした後半アディショナルタイムだった。左サイドでFKを獲得したPSGは、ネイマールが自らボールをキープ。そして、タッチライン際でイタリア代表MFマルコ・ヴェラッティのマークに付いていたリバプールのイングランド代表DFジョー・ゴメスとスイス代表MFジェルダン・シャキリに囲まれた瞬間、ボールを両足で挟み込み、かかとで蹴り上げて相手の頭上を抜く「ヒールリフト」で、シャキリに揺さぶりをかけた。その語、シャキリの激しいチャージを受けてボールを失ってしまったが、実況も「オーイエス!」と思わず笑い叫んでしまうほどのテクニックを見せつけた。

 米スポーツ専門メディア「ブリーチャー・リポート」は公式ツイッターで、「ネイマールはスムーズすぎる」「虹をかけた」と動画付きで称賛。スポーツ専門テレビ局「ESPN」アルゼンチン版も「怪物:ネイマールがシャキリに空中技」と紹介する反面、公式ツイッターでは「必要だった?」と試合終了間際に相手を挑発するようなプレーを選択したことに疑問も呈している。

 良い意味でも悪い意味でも、常に議論の対象となるのは世界随一のテクニックを誇るブラジルの至宝ならではだろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング