イニエスタ、2010年無敵艦隊の“亀裂危機”を告白 「モウリーニョが引き起こした…」

バルサとマドリー間の緊張感は、スペイン代表にも悪影響を及ぼしたという【写真:Getty Images】
バルサとマドリー間の緊張感は、スペイン代表にも悪影響を及ぼしたという【写真:Getty Images】

モウリーニョが2010年にレアルの監督に就任し、バルセロナとの関係が悪化

 ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは今夏のJリーグ移籍後も、ピッチで見せるビッグプレーが故郷スペインをはじめとした世界各国で注目を集めている。そんななかで、スペインのテレビ局「ラ・セクスタ」がイニエスタのインタビューを敢行。全国紙「マルカ」によると、バルセロナ時代、永遠の宿敵レアル・マドリード勢とスペイン代表で“亀裂危機”にあったと明かしている。その張本人とは――。

 イニエスタらが主力時のスペイン代表は、2010年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)制覇に欧州選手権2008、2012連覇など正真正銘の「無敵艦隊」として世界に君臨した。ただその時期、常に一枚岩だったわけではないようだ。「皆さんはバルセロナとレアル・マドリードが快くない状況であったことを知る必要はないんだけど」と切り出したイニエスタは、このように続けた。

「その鍵となる要素はモウリーニョだったんだ」

 優勝請負人としてカリスマ指揮官となったジョゼ・モウリーニョがレアルの監督に就任したのは2010年夏のこと。当時ペップ・グアルディオラ監督の下で完成の域を迎えつつあったバルサのポゼッションサッカーに、レアルのフロレンティーノ・ペレス会長が対抗するため、規律と闘争心、ショートカウンターで仕留めるポルトガル人指揮官を招聘した。

 実際、レアルは2011-12シーズンのリーガ優勝など競争力を取り戻した一方、当時助監督だったティト・ビラノバ助監督(故人)にモウリーニョ監督が“目つぶし”をするなど、バルサとのクラシコは荒れる展開となった。その当時のことについてイニエスタはこう回想する。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング