森保監督、年内最終戦での「主体的に戦う意志」称賛 “アジア杯制覇”が目標と明言

日本代表の森保監督【写真:Getty Images】
日本代表の森保監督【写真:Getty Images】

キルギスに4-0で快勝、発足から4勝1分と無敗でアジア杯へ

 日本代表の森保一監督は、20日の国際親善試合キルギス戦に4-0で勝利後、「たくさんの選手が日本代表としてやっていけることを見せてくれた。これまでのものをベースにやっていきたい」と、来年1月のアジアカップについて言及した。

 この日の試合では16日の国際親善試合ベネズエラ戦からスタメン11人を総入れ替え。そうしたなかでも試合開始2分で、A代表初招集でデビュー戦となったDF山中亮輔が先制ゴールを決め、MF原口元気もFKで追加点。後半には、途中出場したFW大迫勇也とMF中島翔哉が追加点を決めて4-0で勝利した。

 ほぼ一方的にゲームを支配した一戦となったが、森保監督は「まずは勝利することが、どんな相手でも難しく簡単ではないので、勝利できて良かった。今日の試合は相手どうこうでなく、我々がどういう基準を持ってゲームを進められるかということ。選手たちが主体的に戦う意志を持ってプレーしてくれたのは良かった」と、試合内容に言及した。

 これで就任から4勝1分と無敗をキープし、年内の代表活動を終えた。年明けには4年に一度行われるアジアカップに臨むことになる。A代表監督就任から最初の公式大会となるが、指揮官は「まずはアジアでチャンピオンを取ることを目標にしてやっていく。一部の選手だけでなく、たくさんの選手が日本代表としてやっていけることを見せてくれた。これまでのものをベースにやっていきたい」と、9月からの5試合で築き上げたものを継続させ、アジアカップに臨む考えを示した。

【PR】UCL分析&ハイライト番組『UCL IN FOCUS』がDAZNで絶賛公開中、加入してチェックだ!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング