香川真司を輝かせる“唯一の解決策”は移籍か 独誌が厳しい分析「もはや居場所がない」

ドルトムントで不遇の時を過ごしている香川【写真:Getty Images】
ドルトムントで不遇の時を過ごしている香川【写真:Getty Images】

ドルトムントでの苦境ぶりを特集 ケール氏「彼にとっては厳しい状況だ」

 ドルトムントに所属するMF香川真司にとって、厳しい状況が続いている。今季はルシアン・ファブレ監督の下、システムに合わないとされ、ブンデスリーガ開幕から3試合連続でベンチ外に。第4節、第5節で起用されるも、足首の怪我で戦列を離れると、現地時間10月31日に行われた2部ウニオン・ベルリンとのDFBポカール2回戦で先発出場してから、トップチームで出場のない状況となっている。

 その香川について、ドイツのサッカー専門誌「キッカー」は「唯一の解決策は移籍か」と見出しを打ち、特集している。

 同誌は香川が今週初めに、バルセロナの浜辺でランニングを行っている様子をSNSで配信したことを伝え、「彼の150万人のツイッターフォロワーと、140万人のインスタグラムフォロワーは彼からの報告を喜んだだろう。というのも、この日本人選手の姿をBVBで見ることはなくなっているからだ」と述べた。

 香川は今季トップチームで公式戦4試合にしか出場しておらず、「キッカー」も実戦経験不足を指摘。クラブOBでプロ選手部門の責任者であるセバスティアン・ケール氏は、「彼にとっては厳しい状況だ」と話しているという。

 記事では「カガワはこれまでドルトムントで148試合に出場し、41得点36アシストと、印象的な成績を残しているものの、29歳の彼にはもはや居場所がない。彼の好むトップ下にはマルコ・ロイスが左サイドから位置を移してきており、現在大活躍。マリオ・ゲッツェがその二番手という状況で、カガワは観客席から見つめるしかない。サイドでプレーしようにも、彼にはスピードが欠けている」と、香川の苦境について語られている。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング