「昌子源とは何者か?」 仏移籍話浮上でトゥールーズ専門メディアがアジア王者CBを特集

鹿島アントラーズのDF昌子【写真:Getty Images】
鹿島アントラーズのDF昌子【写真:Getty Images】

酒井、川島に続く日本人選手誕生なるか「ライジングサンの国の二人の男が待っている」

 クラブ史上20冠目となるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を獲った鹿島アントラーズの守備の要であるDF昌子源に、フランス1部トゥールーズへの移籍話が浮上。トゥールーズの専門メディア「lesviolets.com」は、「昌子源とは何者か」と題して特集を組んでいる。

 鹿島は現地時間10日、ACL決勝でペルセポリス(イラン)との敵地での第2戦を0-0でしのぎ、2戦合計スコア2-0で初のアジア王者に輝いた。元日本代表MF小笠原満男に代わってゲームキャプテンを務め、イラン王者撃破に貢献した昌子に対し、記事では「彼はキャプテンマークを巻くことに疑う余地がない選手」と触れている。

 また、昨夏にストラスブールから関心を持たれていたことを指摘。徳島ヴォルティスのスカウトが「彼は非常に良いCBだ。予測も鋭く、綺麗にボールを奪う方法を知っている」と昌子のスタイルについて説明するコメントも紹介している。

 もし、今冬にトゥールーズ移籍が実現するとなれば、チーム初の日本人選手となる。マルセイユの日本代表DF酒井宏樹、ストラスブールの日本代表GK川島永嗣に続くことから、「リーグ・アンはライジングサンの国の二人の男が待っている」と特集を締めている。12月のクラブ・ワールドカップ後、昌子はどのような決断を下すのだろうか。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング