川崎がJ1史上5チーム目の連覇達成! C大阪に1-2敗戦も2位広島が敗れ優勝確定

川崎がJ1史上5チーム目の連覇達成!【写真:Getty Images】
川崎がJ1史上5チーム目の連覇達成!【写真:Getty Images】

後半ATにまさかの失点も“他力”で優勝 V川崎、鹿島、横浜FM、広島に続くJ1史上5チーム目の快挙

 川崎フロンターレがJ1リーグ連覇を決めた。

マリノス大津&山中コンビをレベルアップさせたレイソル若手コンビ秘策のリフティングチャレンジとは?

 10日のJ1第32節、川崎はセレッソ大阪と敵地で対戦して1-2で敗れた。だが、勝ち点7差で2位のサンフレッチェ広島が同時刻キックオフのベガルタ仙台戦に0-1で敗れたため、2試合を残して川崎のタイトルが確定。自力で決められず不本意な形ではあったが、結果的には強力攻撃陣を揃える王者が、Jリーグ史上5チーム目となる快挙を達成した。

 川崎はこの大一番で主将のFW小林悠が負傷離脱。試合開始直後からボールを支配して主導権を握ったが、前半37分にはMF登里享平が負傷でFW知念慶と交代するアクシデントにも見舞われた。そこからC大阪が徐々にペースつかんでいった。

 0-0で迎えた後半10分、FW杉本健勇のゴールが決まり、ホームのC大阪が先制。杉本は古巣相手に今季5得点目をマークした。

 自力での優勝を手繰り寄せたい川崎は、後半31分にMF鈴木雄斗とMF齋藤学を同時に投入して反撃に出た。すると同44分に知念が倒されてPKを獲得。MF家長昭博がきっちりと決めて、土壇場でスコアをタイに戻した。

 だが後半アディショナルタイム4分に、C大阪MF山村和也に決勝点を奪われ1-2で敗戦。勝ち点を伸ばすことはできなかったが、同時刻キックオフの2位広島が仙台に0-1で敗戦。両者の差は7ポイントのままで、残り2試合での逆転は不可能なため、今季のJ1リーグのタイトルは川崎の手に渡ることが決まった。

 J1ではヴェルディ川崎(1993、94年)、鹿島アントラーズ(2000、01年/07、08、09年)、横浜F・マリノス(03、04年)、サンフレッチェ広島(12、13年)に続く史上5チーム目の連覇達成となった。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング