大混戦J2「ラスト2展望」 自動昇格は松本、大分、横浜FCの争いか 命運握る町田の動向

J2リーグ順位表【表:Football ZONE web】
J2リーグ順位表【表:Football ZONE web】

J1ライセンスを持たない町田が昇格争いの“陰の主役”

 今シーズンのJ2リーグも、残すところあと2節となった。注目のJ1昇格争いは、いまだ昇格チームが一つも決まらないという例年以上に熾烈な争いが繰り広げられているが、今年はこの結果がJ1残留争いの行方にも大きな影響を及ぼす可能性がある。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

■J2リーグ第41節(11試合)
11月10日(土)
14:00 横浜FCvs岡山(ニッパツ)
14:00 大分vs金沢(大銀ド)
15:00 京都vs千葉(西京極)
16:00 大宮vs山形(NACK)
11月11日(日)
13:00 東京Vvs讃岐(味スタ)
13:00 山口vs甲府(みらスタ)
13:05 福岡vs熊本(レベスタ)
14:00 水戸vs岐阜(Ksスタ)
14:00 栃木vs松本(栃木グ)
14:00 徳島vs新潟(鳴門大塚)
15:00 愛媛vs町田(ニンスタ)

 その主役となるのが、FC町田ゼルビアだ。町田は今季、相馬直樹監督の下で粘り強い戦いぶりを見せ、一時は首位に立つなど上位争いを繰り広げてきた。第38節ファジアーノ岡山戦(0-1)、第39節アルビレックス新潟戦(0-2)での連敗が響き現在は3位だが、2位大分トリニータとは同勝ち点の72、首位の松本山雅FC(勝ち点73)とも勝ち点1差と大健闘している。

 だが町田はJ1ライセンスを持っておらず、自動昇格圏の2位以内でシーズンを終えても昇格できないのだ。10月に大手IT企業のサイバーエージェントに買収されたため、長期的な強化には期待がかかる。その一方で彼らが今季2位以内に入ると、J2自動昇格枠は1位、もしくは2位の1チームのみとなる。

 その影響はJ1にも及び、最下位の18位のみが自動降格、本来16位が挑むはずのJ1・J2入れ替え戦には17位のチームが回ることになり、16位は“命拾い”する形に。また町田が3位~6位に終わった場合は、J1昇格プレーオフが3チームで開催されることになるなど、いずれにせよ、町田の残り2試合の結果がJ1、J2双方の行方に大きな影響を与えることは確実だ。

 そんな複雑な条件となっているJ2だが、自動昇格(2位以内)を巡る争いは1位松本から4位横浜FC(勝ち点70)までの“3チーム”に絞られたと見ていいだろう。3位から6位のプレーオフ出場権争いとなると、横浜FCから7位大宮アルディージャ(勝ち点65)までが争うことになる(松本、大分はすでにプレーオフ圏内決定)。

【PR】サッカー観るならDAZN! 今なら1カ月無料で体験可能!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング