鹿島“ACL初制覇”の条件 現地取材した英記者が「最も重要」と断言したキーマンは?

現地取材した英国人記者が「最も重要」と断言したキーマンは?【写真:AP】
現地取材した英国人記者が「最も重要」と断言したキーマンは?【写真:AP】

決勝第1戦でペルセポリスに2-0勝利、先制点のレオ・シルバを絶賛

 鹿島アントラーズは3日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第1戦、ホームでのペルセポリス(イラン)戦に2-0で勝利した。前半を0-0で折り返すも、後半13分にMFレオ・シルバ、同25分にMFセルジーニョがゴールを記録。ブラジル人コンビの活躍により、悲願のアジア初制覇に王手をかけた。

【PR】J.ZONE PLUSでしか見られない名預言者!解説者水沼貴史氏が感じる「入るシュートの感覚」とは?

 かつてアジアサッカー連盟の機関紙「フットボール・アジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、ワールドカップを6大会連続で取材した英国人記者のマイケル・チャーチ氏は、鹿島がこの日見せたパフォーマンスをどのように評価したのだろうか。

  ◇   ◇   ◇

 もし鹿島アントラーズがACLで初優勝を達成することになるとしたら、第1戦のペルセポリス戦でレオ・シルバが見せたパフォーマンスが、最も重要な勝因となることはほぼ間違いないだろう。このブラジル人は、敵陣深い位置での土居聖真とのスマートなワンツーから鹿島にリードをもたらすゴールを奪っただけでなく、決勝第1戦のキーマンとしてセントラルMFで一流のパフォーマンスを披露してみせた。

 特にこの試合の序盤、大岩剛監督が率いる鹿島にとっては神経質な立ち上がりとなり、彼らが望むようなゲーム展開とならなかったなかで、レオ・シルバは90分間を通して鹿島に落ち着きをもたらし、威厳を示し続けた。鹿島の背中を押した彼の心地良く、自信が漲ったパスワークと攻撃参加によって、重圧のかかるホームでの第1戦でペルセポリスを返り討ちにすることができた。チームメイトを奮い立たせ、牽引する冷静さを示せることこそがレオ・シルバの確実性であり、それを見せたのは今回が初めてではない。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング