「日本で魔法」とスペイン紙称賛 神戸イニエスタ、7人翻弄の「壮観なループアシスト」

ヴィッセル神戸MFイニエスタ【写真:Football ZONE web】
ヴィッセル神戸MFイニエスタ【写真:Football ZONE web】

名古屋戦の前半10分に圧巻のパスでポドルスキの先制弾を演出、母国紙も活躍に言及

 ヴィッセル神戸は3日のJ1第31節名古屋グランパス戦で2-1と勝利し、8試合ぶりに白星を挙げた。元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが先制ボレーを叩き込んだなか、ゴールを演出した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタのプレーを母国紙「マルカ」が絶賛している。

マリノス大津&山中コンビをレベルアップさせたレイソル若手コンビ秘策のリフティングチャレンジとは?

 リーグ戦7試合未勝利で名古屋戦を迎えた神戸は、前半10分にゴールをこじ開けた。“演出”はチームの司令塔を務めるイニエスタだ。敵陣中央でパスを受けたイニエスタは、相手のエリア手前でボールを保持。名古屋の中盤と最終ラインがブロックを形成するなか、イニエスタは地上戦で勝負せず、ふわりと右足で浮かせるループパスを供給した。相手7人の守備ブロックを一瞬で無力化するパスがゴール前に通り、絶妙なタイミング走り込んだポドルスキが左足ダイレクトボレーでゴールを決めている。

 試合は1-1に追いつかれるも、終了間際にポドルスキがこの日2ゴール目を決めて神戸が2-1と勝利した。イニエスタの母国スペイン紙も勝利を伝えつつ、昨季まで名門バルセロナでプレーした名手のプレーを称えている。

 スペイン紙「マルカ」は「イニエスタが日本で魔法をかける。ポドルスキのゴールを演出」と報じ、前半10分に魅せた創造性溢れるプレーを「壮大なループアシスト」と記した。「相手守備陣の背後に素晴らしいパスを通し、神戸の先制弾を呼び込んだ。8月19日、湘南ベルマーレ戦以来の勝利だった」と続け、イニエスタの貢献に触れている。

 リーグ戦は残り3試合となり、神戸は10日にサガン鳥栖、24日の清水エスパルス、12月1日にベガルタ仙台と対戦。本拠地で鳥栖、仙台を迎え撃つが、イニエスタが再び“魔法”をかけるだろうか。

【PR】サッカー観るならDAZN! 今なら1カ月無料で体験可能!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング