レアル中井卓大、U-15日本代表での評価は? フランス遠征第2戦で現地紙記者を直撃

世代別の日本代表で初のスタメンを飾ったMF中井【写真:Tomoko Yasuda】
世代別の日本代表で初のスタメンを飾ったMF中井【写真:Tomoko Yasuda】

強豪フランスのフィジカルに苦しめられ、「体を張ったバトルでは物足りなさを感じた」

 フランス遠征中のU-15日本代表は、現地時間1日に「バル・ド・マルヌU-16国際親善トーナメント2018」第2戦でU-15フランス代表(40分ハーフ)と対戦。レアル・マドリードの下部組織カデーテA(U-16)に所属するMF中井卓大が世代別の日本代表で初のスタメンを飾ったが、試合は大会ホスト国に1-2で敗れた。“ピピ”の愛称で知られる中井やU-15日本代表の戦いは、海外記者の目にどのように映ったのか。フランス紙「ル・パリジャン」のロラン・プルネタ記者を直撃して印象を聞いた。

 日本は現地時間10月30日のU-15オーストリア代表戦と同じく4-4-2を採用し、中井は右のボランチでスタート。しかし、フランスの激しいプレッシャーと雨による劣悪なピッチコンディションで日本は思うように組み立てられず、前半10分に先制を許した。森山佳郎監督は後半から中盤の枚数を増やした4-1-4-1にシステム変更。MF遠山悠希(京都サンガF.C. U-15)をアンカーに入れたことで、中盤の選手たちはより前がかりに動けるようになった。前半は中盤でバランスをとる役割が主だった中井も、右のインサイドハーフに回って攻撃展開を意識したプレーを見せた。

 プレーのテンポが上がり、後半8分には敵陣ゴール近くでFKを得ると、途中出場のFW勝島新之助(京都サンガF.C. U-15)のショートパスをFW下川陽輝(セレッソ大阪ジュニアユース)が的確に仕留めて同点に追いついたが、3分後に勝ち越し弾を許して1-2で大会初黒星を喫した。

 プルネタ記者は、「日本はフィジカル面でフランスと対等にやり合えていない印象だった」と指摘する。

「2日前のオーストリア戦で良い試合をしたから疲れが残っていたのだろうか。コンタクトプレーや体を張ったバトルでは物足りなさを感じた。フィジカル的には完全にフランスに圧倒されていた。中盤でのせめぎ合いでもフランスに押されていたし、デュエルでも日本はなかなか勝てないようだった」

【PR】「プレビューショー」「ドキュメンタリー」等試合配信以外にもDAZNオリジナルコンテンツ続々配信中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング