U-15日本代表MF中井卓大、“緊急デビュー”の舞台裏 「もう少しほしい」ものとは?

代表デビューを果たした中井卓大【写真:Tomoko Yasuda】
代表デビューを果たした中井卓大【写真:Tomoko Yasuda】

30日のU-15オーストリア代表戦、遠山の負傷を受けて急きょ途中出場

 レアル・マドリードの下部組織カデーテA(U-16)に所属するMF中井卓大は、U-15日本代表のフランス遠征メンバー18人に選ばれ、世代別代表に初選出。現地時間30日に行われた「バル・ド・マルヌU-16国際親善トーナメント2018」初戦のU-15オーストリア代表戦(40分ハーフ/2-0)で代表デビューを飾った。記念すべきゲームを終えた15歳は、「90分をきちんと走れるように運動量をつけたい」と今後の目標を口にした。

 29日、マドリードからフランスに入って直接チームに合流し、練習は1回だけ。しかも、ベンチスタートで試合をピッチサイドから見守っていた最中の前半34分、接触プレーでMF遠山悠希(京都サンガF.C. U-15)が額を切るアクシデントに見舞われると、森山佳郎監督から突如出場の指令が飛んだ。

 アップもないまま、急いで背番号14番のユニフォームを身に纏い、昼まで降り続いた雨で湿った芝のピッチへと飛び出した。

「ウォーミングアップもしていなかったので不安でしたけど、頑張ってできました」

 試合後の第一声、中井はそう話した。

「オーストリアの選手はみんなデカくて、初めはどうなるかなと思ったけれど、(日本の)選手たちもみんな上手いので、自信を持ってプレーできました」

 中井は最初、チームメイトたちのことを「友達」と言ってから、「選手」と言い直した。初顔合わせながら、早速仲間に溶け込んでいる様子だ。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング