「日本と違って…」 1アシストで世界の扉を開いた久保建英、“完全アウェー”に驚愕

 1アシストで勝利に貢献したFW久保建英 【写真:ⒸAFC】
1アシストで勝利に貢献したFW久保建英 【写真:ⒸAFC】

U-19アジア選手権準々決勝で開催国インドネシアに2-0勝利、久保は追加点を演出

 影山雅永監督が率いるU-19日本代表は、28日に行われたU-19アジア選手権の準々決勝で開催国インドネシアと対戦。約6万人の対戦国サポーターに囲まれた“完全アウェー”、さらに試合の途中から降り注いだ豪雨のなかで粘り強く戦い、2-0と勝利して来年ポーランドで行われるU-20ワールドカップ(W杯)の出場権を見事獲得した。

【PR】DAZNはサッカー以外にも!画質・コンテンツも続々強化中!

 スコアが動いたのは前半40分だった。DF東俊希(サンフレッチェ広島ユース)が決めた約30メートルの左足ミドルシュートは、影山監督や本人も”スーパーゴール”と評したもので、大雨のなかで後半20分にインドネシアを突き放す2得点目も見事だった。試合を決定づける追加点を決めたのは大会4得点目のFW宮代大聖(川崎フロンターレU-18)で、アシストはFW久保建英(横浜F・マリノス)だった。

 右サイドで久保がボールを持つとタイミングよく動き出す宮代にパス。そこから久保もさらに縦に動いてワンツーのリターンを受けると、ペナルティーエリアの右側に寄せてきた相手二人の合間に左足でポンとボールを供給。ちょうどディフェンスのギャップに入り込んだ宮代は左足でボールをコントロールすると、右足でゴール左に蹴り込んだ。

「(上手く)足には当たってなかったんですけど、自分も点を取ってチームを勝たせる気持ちが強かった。それが結果に出たのかな」

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング