“モウリーニョ・チルドレン”ベスト11を海外メディア選出 マンU&チェルシーから厳選

(上段左から)ポグバ、アザール、デ・ヘア(下段左から)テリー、ドログバ、ランパード【写真:Getty Images】
(上段左から)ポグバ、アザール、デ・ヘア(下段左から)テリー、ドログバ、ランパード【写真:Getty Images】

現役最高峰GKを最後尾に闘将ジョン・テリーが守備陣を統率

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、現代サッカーを代表する名将だ。プレミアリーグではチェルシーとユナイテッドの強豪2クラブで指揮を執っているが、現地時間20日の直接対決にかけ、衛星放送「FOXスポーツ」アジア版は、両クラブに所属していた“モウリーニョ・チルドレン”でベストイレブンを選出。確執が噂されるフランス代表MFポール・ポグバや元イングランド代表DFジョン・テリーなど豪華な顔ぶれが並んだ。

 モウリーニョ監督はチェルシーで2度にわたって指揮を執り、プレミアリーグ優勝3回制覇など輝かしい実績を残した。しかし、今季3年目を迎えるユナイテッドでは、不振から進退問題が浮上するなど、苦しい戦いが続いている。

 記事では、直接対決にかけてモウリーニョが指導したチェルシーとユナイテッドに在籍していた“チルドレン”の中から11人を厳選している。

 守護神には、元チェコ代表GKペトル・ツェフ(現アーセナル)を抑え、ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘアを選出。現役最高のGKの一人に数えられ、今季も指揮官を何度も救っている。

 最終ラインは全員チェルシー勢。サイドバック(SB)は、2度目の就任の際に主力として稼働したスペイン代表DFセサル・アスピリクエタが右、欧州最高の左SBと呼ばれた元イングランド代表DFアシュリー・コールが左に入った。センターバックは、アストン・ビラのアシスタントコーチとして“第二の人生”をスタートしたばかりのテリー、チェルシーの守備陣を長年支えた元ポルトガル代表DFリカルド・カルバーリョの黄金コンビが選ばれた。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング