「日本人が彼に熱狂するのは普通」 超絶FK弾の久保建英に海外記者も脱帽「驚愕だ」

試合を分ける重要な直接FKを決めたFW久保建英【写真:ⒸAFC】
試合を分ける重要な直接FKを決めたFW久保建英【写真:ⒸAFC】

スペイン紙「AS」の記者が勝ち越しゴールの久保を絶賛

 来年のU-20ワールドカップ(W杯)ポーランド大会の予選を兼ねたU-19アジア選手権が開幕した。日本は19日のB組初戦で北朝鮮と対戦し5-2で勝利したが、試合の流れを引き寄せる圧巻の直接FKを決めたFW久保建英(横浜F・マリノス)に、海外記者が惜しみない賛辞を送っている。

【PR】DAZNはサッカー以外にも!画質・コンテンツも続々強化中!

 日本は序盤に2点をリードするも、連続失点により2-2に追いつかれて前半を終了。そして迎えた後半20分、ゴールから約25mの位置でFKを得るとキッカーを務めたのが久保だった。力強く左足を振り抜くと、鋭いカーブを描いたシュートはゴール右上隅に突き刺さった。

 久保のセンセーショナルな一撃に反応したのは、スペイン紙「AS」で記者を務めるアリトス・ガビロンド氏だった。自身のツイッターに「U-19アジア大会のタケフサ・クボに驚愕だ。日本人が彼に熱狂するのは普通のことだ。彼は2001年生まれなんだ」と投稿し、17歳の左足から放たれた超絶FKに驚きを隠せない様子だった。

 久保は2011年にバルセロナの下部組織に加入。15年3月にFC東京U-15に移籍すると、17年にトップデビューを果たした。今夏にはプレー機会を求めて、横浜FMへ期限付き移籍している。

 代表でも飛び級で17年のU-20W杯出場を果たしている久保。2大会連続の世界大会行きに向け、チームを勝利に導くFK弾を叩き込み幸先の良いスタートを切った。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング