「ここまで崩れるとは…」 韓国メディアが“日韓”連敗のウルグアイに言及「翻弄された」

12日の韓国戦、16日の日本戦と2連敗を喫したウルグアイ代表【写真:Getty Images】
12日の韓国戦、16日の日本戦と2連敗を喫したウルグアイ代表【写真:Getty Images】

アジア勢2連敗の南米強豪 日韓両国は「内容でも圧倒した」

 ウルグアイ代表は12日の韓国戦(1-2)に続き、16日の日本戦にも3-4で敗れた。FIFAランキング5位の強豪国がアジアのチームに連敗するという結果は、戦前には予想できないものだったと言っていいだろう。

 韓国のサッカー専門サイト「InterFootball」は、「韓国と日本が並んで勝利。ウルグアイが弱くなったのか」と見出しを打ち、日韓両国の試合結果を基に記事をまとめている。

 同サイトはまず、「ウルグアイはベストメンバーではなかった。攻撃の中心となるFWルイス・スアレス(バルセロナ)とDFホセ・ヒメネス(アトレチコ・マドリード)が抜けていたからだ。それでもここまで崩れるとは予想もできなかった。アジアの2チームは内容でも圧倒した」と伝えた。

 さらに韓国の試合内容について、「韓国はボールポゼッションが53%で、ウルグアイが47%。枠内シュートは5本で、ウルグアイは2本だった」と報じ、日本の試合内容についても「『韓国戦よりもコンディションは確実に良くなっている』とウルグアイのオスカル・タバレス監督は語っていたが、完全に日本の攻撃陣にウルグアイの守備は翻弄されていた」と報じた。

 この試合で日本のシュート数は14本、ウルグアイは9本で、よりどちらに得点チャンスが生まれていたのかは明らかだった。

 この2試合の結果だけを見て、「アジアサッカーが成長している」と断言するのは難しい。だが、同サイトは「今年6月のロシアW杯でウルグアイはベスト8に入ったチームだということ。一方で日本はベスト16入りを果たし、韓国もグループリーグで敗退したもののドイツを破った」という事実を踏まえ、日韓の両国は良い流れで、代表チーム作りができていると伝えている。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(金 明昱 / Myung-wook Kim)

page 1/1

金 明昱

1977年生まれ。大阪府出身の在日コリアン3世。新聞社記者、編集プロダクションなどを経てフリーに。サッカー北朝鮮代表が2010年南アフリカW杯出場を決めた後、代表チームと関係者を日本のメディアとして初めて平壌で取材することに成功し『Number』に寄稿。2011年からは女子プロゴルフの取材も開始し、日韓の女子ゴルファーと親交を深める。現在はサッカー、ゴルフを中心に週刊誌、専門誌、スポーツ専門サイトなど多媒体に執筆中。近著に『イ・ボミ 愛される力~日本人にいちばん愛される女性ゴルファーの行動哲学(メソッド)~』(光文社)。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング