「傲慢ではない、自信家だ」 イブラが苦境の恩師モウリーニョ“復活”を確信「彼は勝者」

イブラヒモビッチ(左)、マンUを率いるモウリーニョ監督(右)【写真:Getty Images】
イブラヒモビッチ(左)、マンUを率いるモウリーニョ監督(右)【写真:Getty Images】

マンUで解任危機のモウリーニョ監督、愛弟子イブラヒモビッチは手腕絶賛

 開幕からの低調なパフォーマンスにより解任危機にさらされているマンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督だが、かつての愛弟子である元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、恩師が状況を一変できると信じている。英紙「デイリー・ミラー」が報じた。

 イブラヒモビッチは2008-09シーズン、モウリーニョ政権のインテルで公式戦29得点を決めてセリエA優勝を経験。さらに16年夏、ユナイテッドでモウリーニョ監督と再会を果たした同選手は、公式戦53試合で29得点をマークし、16-17シーズンにはUEFAヨーロッパリーグ(EL)制覇とリーグカップ優勝を飾った。

 イブラヒモビッチはスポンサー契約をブックメーカー「ベットハード」のインタビューで、自身とモウリーニョ監督は似ているとし、同選手がかつて信頼する“名将”のために「200パーセント」の力でプレーしていたと振り返った。

「なぜ、モウリーニョ(監督)がスペシャルかって? まず一つ目に、彼は勝者だからさ。彼にはこの勝者のメンタリティーがある。勝つためにはなんでもするさ。サッカーを分かっているし、プレーを非常によく読む。彼は試合ではなく、自分の選手の気持ちを操るんだ。

 自分が初めてインテルに入った時のことを覚えているよ。彼は選手全員に200パーセントでプレーさせたんだ。チームのためでもなく、クラブのためでもない。“彼”のためにさ。大きな舞台だと彼は何かが違っていて、それが私に彼は“とても特別”なんだと思わせた」


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング