王者ユーベ、開幕6連勝でスタートダッシュ 今季初3バックでボローニャに2-0快勝

ユーベがボローニャを2-0で撃破【写真:Getty Images】
ユーベがボローニャを2-0で撃破【写真:Getty Images】

ロナウドと2トップを組んだディバラが今季初ゴール コンビネーションプレーも披露

 イタリア・セリエAはミッドウィークとなった現地時間26日に第6節を行い、王者ユベントスはホームにボローニャを迎えて2-0と勝利し、盤石の展開で開幕6連勝を飾った。

 ユベントスは今季初めて3バックシステムを採用。全体にローテーション起用したマッシミリアーノ・アッレグリ監督は、GKに今季ジェノアから加入したマッティア・ペリンを移籍後初のピッチに送り込み、前線はFWクリスティアーノ・ロナウドとFWパウロ・ディバラの2トップを組んだ。

 先制に成功したのはユベントスだった。前半11分にDFレオナルド・ボヌッチからの縦パスが相手と競ったディバラの背中に当たってこぼれると、MFブレーズ・マテュイディにつながってシュート。これはセーブされたものの、こぼれ球をディバラが押し込んで先制。ディバラは今季初ゴールとなった。

 さらにユベントスは同16分、敵陣でMFロドリゴ・ベンタンクールがボールを奪って速攻を仕掛けると、ディバラが左サイドからファーサイドにクロス。これをロナウドが折り返すと、ゴール前を横切ったボールを受けたマテュイディがニアサイドの上に蹴り込んで2-0とした。

 2点リードを奪ったユベントスは残りの時間も攻撃的かつカウンターへの備えへのバランスも良い安定感のあるゲームを進めた。前節まで2戦連続ゴールのロナウドはチームがリードしている状況に、これまでのような強引に独力でシュートに持ち込むプレーは少なく、ディバラらとのコンビネーションで崩す意図の多いプレーを披露。しかし、ユベントスは追加点を奪うには至らず、このまま2-0の勝利。これで開幕6連勝と盤石のスタートダッシュを決めた。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング