レアルDFラモス、イニエスタに並ぶ“9度目の栄誉”に歓喜 「得るために争う価値ある」

(中央)レアル・マドリードDFセルヒオ・ラモス【写真:Getty Images】
(中央)レアル・マドリードDFセルヒオ・ラモス【写真:Getty Images】

FIFAと国際プロサッカー選手会が共同で選出するベストイレブンに9度目の選出

 FIFA(国際サッカー連盟)は現地時間24日、年間表彰式「ザ・ベスト FIFAフットボールアウォーズ2018」を開催し、各賞の受賞者を発表。FIFAと国際プロサッカー選手会(FIFPro)が共同で選出するベストイレブンで、レアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)と並ぶ9度目の選出をとなり、喜びを語った。スペイン紙「マルカ」が報じた。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 4-3-3のシステムが採用された今回のベストイレブンでは、マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘアや昨年のFIFA最優秀選手賞を獲得したユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドらを選出。昨季、史上初のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)三連覇を達成したレアルからは最多の4人が選ばれた。

 レアルの中心的存在として守備陣をまとめたラモスは、9度目の受賞。同国の先輩であるイニエスタの記録に並んだ価値について言及した。

「イニエスタに並ぶのは名誉なことだ。僕たちは最も栄誉を獲得したスペイン人です。これは努力が生んだ賞であり、得るために争う価値があるものです」

 また、ラモスはFIFA最優秀選手賞を獲得したチームメイトのクロアチア代表MFルカ・モドリッチについても語っている。

「メッシやクリスティアーノ、ルカとバロンドールを与えられる可能性のある選手たちのレベルを見ると、彼ら全てが勝者と言えるだろう。メッシが獲得した時もイニエスタやシャビにも与えることができた。そう考えれば、僕はモドリッチに与えるだろうね」

 来年、イニエスタを抜けば新たな勲章を手にすることになりそうだ。

 FIFA/FIFProワールドイレブンは以下の通り。

GK
ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)

DF
ダニエウ・アウベス(パリ・サンジェルマン)
ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリード)
セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)
マルセロ(レアル・マドリード)

MF
エンゴロ・カンテ(チェルシー)
ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)
エデン・アザール(チェルシー)

FW
キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)
クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)
リオネル・メッシ(バルセロナ)


(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング