なぜ神戸は浦和に4失点と大敗したのか? 悪循環を生んだ“イニエスタ不在”と選手起用

イニエスタ不在の浦和戦は4失点で完敗を喫した【写真:Getty Images】
イニエスタ不在の浦和戦は4失点で完敗を喫した【写真:Getty Images】

監督交代によるショック療法を試みた神戸、イニエスタ不在の浦和戦で0-4と完敗して4連敗

 ヴィッセル神戸は23日のJ1 第27節、浦和レッズとのアウェー戦で0-4と大敗。前節終了後の監督交代による“ショック療法”も、即効性はなく4連敗を喫した。この日に元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが欠場し、悪循環をピッチに生み出してしまった。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 神戸は新監督にフアン・マヌエル・リージョ氏を任命しているが、「就労環境が整うまでは、暫定体制で指揮」というクラブからの発表があったとおり、林健太郎暫定監督が指揮を執った。イニエスタは前節のガンバ大阪戦で負傷し、「今日まで様子を見て、無理する必要はないと。いないなかでの準備はしてきた」と、林監督が話した状況での欠場となった。

 3バックの浦和に対して、神戸も3バックをぶつけた。その狙いを林監督は「三田はサイドが不慣れだが、高橋と二人が重要という位置づけで送り出した。目指すものはボールを持つサッカーで、どうすれば浦和を相手にそうできるか。中盤で優位を取りたかった。右の高橋が縦に行くタイプなので、左の三田で落ち着かせたかった」と話した。

 しかし、そうしたサイドの狙い以上にイニエスタの不在が中央で響いた。その穴を埋めるかのように元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキをインサイドハーフで起用したが、最終ラインからのビルドアップに効果性がなく、仕方がないとばかりにポドルスキが最終ラインの手前まで下がって組み立てに力を割くばかりだった。時に「こうやってボールを動かすんだ」とレクチャーするかのように後方でのパス交換に入り、前線の迫力を著しく低下させた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング