閉塞感を打破した「気配り、目配り、心配り」 森保監督が引き出した日本人選手の長所

コスタリカに快勝を収めた日本代表【写真:Getty Images】
コスタリカに快勝を収めた日本代表【写真:Getty Images】

ロシアW杯後の日本サッカーが立証する“層の厚さ”

 森保一監督が日本代表の指揮官に就任して、日本サッカーの展望が一変した。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)以降の4年間は、すっかり閉塞感に包まれていた。フル代表の低迷が最大の要因だったが、同時に突き上げる層の心細さも影を落としていた。それを象徴したのが、欧州組を除くメンバーで臨んだE-1選手権での惨敗だった。

 ところがロシアW杯を終えてからの日本は、逆に層の厚さを立証している。東京五輪を見据え、2歳の年齢的ハンデを承知でアジア大会に臨んだU-21代表は、決勝進出を果たした。またW杯の主力組を除き、大舞台のチャンスを逸した若手と、好調なJリーガーで編成したフル代表は、希望に満ちた内容でコスタリカを一蹴した。

「気配り、目配り、心配り。それは日本人にしかありません」

 そう話していたのは、オランダで指導者ライセンスを取得した林雅人氏である。

 なるほど、そう考えれば森保監督の指導、采配は日本人ならではのものだったのかもしれない。アジア大会は、Jクラブからの招集にも1チーム一人などの制限があり、言い訳の材料には事欠かなかった。だがグループリーグ第3戦でベトナムに0-1で敗れると、日本代表としての矜持を刺激し、見事に立ち直らせている。

 一方、フル代表のコスタリカ戦は、4年間の競争の始まりを告げる試合となったわけだが、敢えて年齢の枠を取り払い、対象者全員に競争の意識を促した。何よりラインを上げ攻撃の意識を高めることで、個々の持ち味を引き出した。

 例えば、シント=トロイデンに移籍し、ボランチでプレーするようになった遠藤航を、ベテランの青山敏弘の隣でスタメン起用した。

 もちろんボランチ起用は所属クラブが先だったが、能力は高くても代表では中途半端なバックアッパーに甘んじていた遠藤は、適役でプレーすることで代表の中核であることを十分に自覚し、パートナーからもしっかりと学習したはずだ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング