アーセナル“守護神争い”に元英代表GKが持論 新加入の独代表GKには「辛抱強さが必要」

レバークーゼンからアーセナルへ移籍したGKベルント・レノ。チームはGKペトル・チェフが不動の地位を築いている状況ではあるが…【写真:Getty Images】
レバークーゼンからアーセナルへ移籍したGKベルント・レノ。チームはGKペトル・チェフが不動の地位を築いている状況ではあるが…【写真:Getty Images】

クラブOBのシーマン氏はチェフを支持 「何も間違ったことをしていない」

 アーセナルは夏の移籍市場でレバークーゼンからドイツ代表GKベルント・レノを獲得し、GKの選手層に厚みを加えた。元チェコ代表GKペトル・チェフが不動の地位を築いている状況で、クラブOBの元イングランド代表GKデイビッド・シーマン氏は「チェフは何も間違ったことをしていない」「(レノは)辛抱強さが必要」と守護神争いについて言及した。英紙「デイリー・ミラー」が報じた。

 昨季は、これまでになかったようなミスが目立つなど、チェフに対して衰えを指摘する声もあった。しかし、ウナイ・エメリ監督を迎えた今季も、開幕から4試合連続でスタメン起用されている。期待のレノはまだ1試合もピッチに立っていない。

 ドイツ代表にも名を連ねるレノがベンチという状況だが、クラブOBのシーマン氏は加入1年目でプレミア初挑戦の26歳にとっては我慢の時期だと話す。

「彼の獲得には多額のお金がかかったけど、それがすんなりとチームに入れるということを意味するわけではない。彼には辛抱強さが必要だ」

 シーマン氏はレノにエールを送ったうえで、「ペトル・チェフは何も間違ったことをしていない。ボックス外でボールを扱うプレーにも適応している」と、現時点ではチェフがレギュラーにふさわしいと主張した。

「フットボールでは我慢しなければならない時がある。私にも過去にそういうことがあったから分かる。レノは自分の時間が来るのを待つ必要がある」

 今後もチェフがレギュラーを守るのか。それともレノの台頭はあるのか。アーセナルの守護神争いに今後も注目が集まる。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング