ドルトムント、ロシアW杯でドイツ撃破のメキシコ代表FWロサーノ争奪戦に参戦か

現在PSVに所属するFWロサーノ【写真:Getty Images】
現在PSVに所属するFWロサーノ【写真:Getty Images】

PSVのメキシコ代表FWロサーノの獲得画策 数々のビッグクラブも注目

 今夏、スペイン代表FWパコ・アルカセルをバルセロナからレンタルで獲得し、念願のストライカーを確保したドルトムントだが、今度はPSVに所属するメキシコ代表FWアービング・ロサーノを狙っている。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が伝えた。

 ロサーノと言えば、今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)にメキシコ代表として出場。グループリーグ初戦でドイツと対戦し、名手マヌエル・ノイアーからゴールを奪い、1-0と金星を挙げた。

 現在23歳のロサーノを追っているというドルトムントだが、競争は熾烈なようだ。昨季オランダ1部でチーム最多17ゴールと活躍し、今季も4試合で2ゴール2アシストと結果を残すメキシコの新星には、インテル、ユベントス、マンチェスター・ユナイテッド、アトレチコ・マドリードといったビッグクラブが目をつけているのだ。

 ロサーノはPSVと2023年まで契約を結んでおり、オランダメディアによれば移籍金はおよそ5000万ユーロ(約64億円)だという。ロサーノ争奪戦に加わったと目されるドルトムントだが、ベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルらを積極補強し、現在の陣容は30人近くに膨れ上がっている。今夏は人員整理の必要性が叫ばれていたなか、MFセバスティアン・ローデ、DFジェレミー・トルヤン、MFデニス・ブルニッチ、FWアレクサンデル・イサクと並んで、日本代表MF香川真司も放出候補と目されていた。

 しかし、移籍が成立したのはトルコ代表MFヌリ・シャヒン(→ブレーメン)のみ。ミヒャエル・ツォルクSDはドイツ地元紙「ルールナハリヒテン」に対して、移籍市場最終日まで選手売却に動いていたものの、失敗に終わったことを明かしている。

 ロサーノを獲得できれば前線の層は厚くなるものの、ただでさえ大所帯となっているドルトムント。補強と放出のバランスを取りながら、チーム力アップを図っていく。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング