「ゲッツェは批判に値しない」 ドルトムント会長、香川とともに苦境の“至宝”を信頼

ドルトムントMFゲッツェ【写真:Getty Images】
ドルトムントMFゲッツェ【写真:Getty Images】

ブンデス開幕2試合で出番なしも、ラウバル会長は高く評価

 今季ブンデスリーガ開幕から出場機会のないドルトムントの元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェについて、同クラブのラインハルト・ラウバル会長が信頼を口にした。ドイツ紙「ビルト」が報じている。

 ゲッツェは今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)に参加していないため、W杯出場組の日本代表MF香川真司らより早くチームに合流。毎年恒例のプレシーズントーナメント、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)では、マンチェスター・シティ相手にPKで決勝弾を沈めるなど、新シーズンに向けて順調な調整が続いていることを示唆していた。さらに、今季最初の公式戦、DFBポカールのグロイター・フュルト戦(2-1)では先発でピッチに立ち、64分までプレー。ルシアン・ファブレ監督の構想に入ったかと思われた。

 ところが、ブンデスリーガ開幕節のRBライプツィヒ戦(4-1)、第2節のハノーファー戦(0-0)では起用されず、いずれも90分間ベンチを温めるだけに終わった。

 そんなゲッツェについて、ラウバル会長は「マリオは現在批判を受けているが、そんな批判には値しない。彼は素晴らしい選手であり、今も高いクオリティーがある」とコメント。「マリオがそのクオリティーをピッチ上にもたらせば、その能力によって再びチームの助けとなるだろう」と、ドルトムントユース育ちの“至宝”ゲッツェを擁護した。

 ラウバル会長はゲッツェが起用されないことについて、能力や姿勢の問題ではないと考えている様子。「問題は、彼(ファブレ監督)のシステムにマリオがどうフィットするかだ」と語っている。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング