ネイマール、王国ブラジルの常任キャプテンに再就任 「この責任は僕にとって良い」

ブラジル代表FWネイマール【写真:Getty Images】
ブラジル代表FWネイマール【写真:Getty Images】

金メダルを獲得したリオ五輪以来の大役「僕も多くのことを学んだ」

 ブラジル代表を率いるチッチ監督が、チームのキャプテンにFWネイマール(パリ・サンジェルマン/PSG)を任命した。これまで同体制ではDFチアゴ・シウバ(PSG)らが持ち回り制でキャプテンを務めてきたが、26歳のエースに大役を託すことになっった。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

 ネイマールは2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)終了後からセレソンのキャプテンを務めた。しかし、金メダルを獲得した16年のリオデジャネイロ五輪後に自ら大役を返上していた。

 その後、代表ではPSGでネイマールと同僚のDFチアゴ・シウバやDFマルセロ(レアル・マドリード)、DFミランダ(インテル)などが持ち回りで腕章を巻いていた。しかし、ロシアW杯を終えた今、チッチ監督はチームの顔であるネイマールを常任のキャプテンに任命した。

 新生セレソンは7日にアメリカ代表、11日にエルサルバドル代表と対戦。再始動を前に、ネイマールも改めて主将を務める意気込みを語ってる。

「僕も多くのことを学んだ。(キャプテンを)受け入れることにしたよ。これからも多くのことを学ぶことになる。この責任は僕にとって良いものになるだろう」

 ロシアW杯では準々決勝でベルギーに敗れ、ベスト8に終わった。サッカー王国復活のために、同国最高のスターが“カナリア軍団”を再び牽引する。

【PR】サッカー観るならDAZN! 今なら1カ月無料で体験可能!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング