スター軍団レアルの人気低迷? 本拠地はいまだ満員にならず、集客率は驚愕の”66%”

リーグ開幕3連勝を果たしたレアルだが、本拠地はいまだ満員にならず【写真:Getty Images】
リーグ開幕3連勝を果たしたレアルだが、本拠地はいまだ満員にならず【写真:Getty Images】

開幕2試合のホーム集客率は59%、73% スーパースターの不在が影響か

 レアル・マドリードは現地時間1日のリーグ第3節レガネス戦で4-1と快勝し、開幕3連勝を果たした。スタートダッシュを決めた“白い巨人”だが、本拠地サンチャゴ・ベルナベウのスタンドでは怪現象が起きている。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

「ベルナベウはいまだ満員にならず」と特集したのは、スペイン紙「マルカ」だった。

 ウェールズ代表FWギャレス・ベイル、元フランス代表FWカリム・ベンゼマ、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスのゴールで圧勝を果たしたレアルだが、8万1044人収容のスタンドは今季一度も満員になっていない。

 記事では、「ヘタフェ戦ではレアル・マドリードはここ10年の開幕戦で最少の観客の前でプレーした。土曜日の夜はわずかばかりに向上した」と報じている。開幕ヘタフェ戦は4万8346人で集客率は59%、今回のレガネス戦は5万9255人で73%だった。

 フレン・ロペテギ新監督は、「ファンはチームをサポートしていることに疑いはない。いつも応援してくれている。ヘタフェ戦で起きたことは日程が理由だ。だが、我々をサポートしてくれることを100%確信している」と語ったという。

 ヘタフェ戦はスペインのホリデーシーズンの真っ只中に行われ、しかも現地午後10時15分キックオフ。サポーターは足を運びにくい時間という事情もあったが、レガネス戦は午後8時45分開始だった。

 今季レアルはユベントスにポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを放出したが、その後釜となるビッグネームは補強できず。もしかしたら、マドリディスタは地味路線の補強に憤っているのかもしれない。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング