なでしこジャパン、韓国を2-1で破りアジア大会制覇に王手! 激闘の日韓戦をOGで制す

なでしこジャパン、韓国を2-1で破りアジア大会制覇に王手!【写真:AP】
なでしこジャパン、韓国を2-1で破りアジア大会制覇に王手!【写真:AP】

菅澤の先制点後は防戦一方 イ・ミナに同点とされるも終了間際に決勝点

 なでしこジャパンが、アジアの頂点に王手をかけた。インドネシアで開催中のアジア大会女子サッカーの準決勝が28日に行われ、韓国と対戦した日本は後半41分に相手のオウンゴールで勝ち越し2-1で勝利し、決勝進出を果たした。

【PR】DAZNはサッカー以外にも!画質・コンテンツも続々強化中!

 日本は試合開始直後の前半5分にスコアを動かす。左サイドからのスローインを受けたMF有吉沙織が左足で最終ライン背後にボールを出すと、FW菅澤優衣香が反応して抜け出した。相手GKと1対1になった菅澤は、右足アウトサイドでゴール右隅にシュートを流し込み、貴重な先制点を挙げた。

 その後は1点を追う韓国が攻撃する時間が長い試合展開になったが、センターバックに入っているDF鮫島彩やGK山下杏也加を軸にした守備で凌ぎ、前半を1点リードのまま折り返した。

 後半に入っても韓国ペースの時間が長いなか、日本はカウンターで韓国ゴールを脅かした。同10分には、右サイドからFW岩渕真奈がノーステップでゴール前に蹴り込んだボールに菅澤が反応したが、相手GKの目の前で放ったシュートはそのまま正面でキャッチされて決定機を逸してしまった。

 すると同23分、韓国は左サイドを突破してファーサイドにクロスを上げると、走り込んできたMFイ・ミナにヘディングシュートを決められて同点とされた。勢いに乗った韓国に対し、日本はその後も防戦一方となった。

 それでも、そこを凌ぎ切ると同41分、右サイドから上げたクロスをファーサイドで菅澤が折り返したところ、相手DFがまさかのオウンゴール。これが決勝点となり2-1で勝利した日本は、決勝進出を決めてアジア大会制覇に王手をかけた。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング