4分で分かる! 1993~2004年日本最強キッカー史、Jリーグ選定「伝説FKトップ10」

エドゥー(当時横浜フリューゲルス所属)が2位と3位にランクイン【写真:Getty Images】
エドゥー(当時横浜フリューゲルス所属)が2位と3位にランクイン【写真:Getty Images】

日本が誇る名FKキッカー中村のJ初ゴールが選出、草創期を彩ったレジェンドもズラリ

 Jリーグ公式YouTubeチャンネルでは様々な切り口の動画をサッカーファンに届けているが、リーグ元年となった1993年から2004年までに生まれた「記憶に残る伝説のフリーキック(FK)」を厳選し、ランキング形式で紹介している。

マリノス大津&山中コンビをレベルアップさせたレイソル若手コンビ秘策のリフティングチャレンジとは?

 10位は元日本代表MF奥大介(当時横浜F・マリノス)が2004年5月15日のジュビロ磐田戦で決めた一撃だ。美しい放物線を描いたボールがゴール左上に吸い込まれた。この年、横浜FMはJ1リーグ優勝を飾り、奥はベストイレブンに選出されている。

 日本が誇るFKの名手・元日本代表MF中村俊輔(ジュビロ磐田/当時横浜マリノス)が9位にランクイン。1997年5月3日のベルマーレ平塚戦でキッカーを託されると、壁の頭上すれすれを超えた鋭いボールがネットを揺らし、これが中村にとって記念すべきJリーグ初ゴールとなった。

 8位に元日本代表MF澤登正朗(1999年当時清水エスパルス)、7位に元ブラジル代表MFジーコ(1993年当時鹿島アントラーズ)らJリーグ草創期を彩ったキッカーが並び、6位は現在J1磐田の監督を務める元日本代表MF名波浩が1999年5月の鹿島戦で決めたポスト直撃の芸術的な一撃が選ばれている。

 トップ5には錚々たるレジェンドたちが名前を連ねた。5位は元ブルガリア代表MFフリスト・ストイチコフ(当時柏レイソル)だ。1998年9月12日のセレッソ大阪戦では約30メートルの位置から左足を振り抜き、弾丸シュートを叩き込んだ。

 4位は元日本代表MF岩本輝雄(当時ベガルタ仙台)が2003年10月18日のジェフユナイテッド市原(現千葉)戦で披露したワールドクラスの35メートル弾だ。やや長めの助走から左足を強振。弾丸のようなシュートが一直線にゴールへ向かい、豪快にネットを揺らした。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング