何千回見ても疲れない? 美しすぎる30mミサイル弾を海外絶賛「ピルロの生まれ変わり」

ティグレスMFアキーノ【写真:Getty Images】
ティグレスMFアキーノ【写真:Getty Images】

メキシコのコパMXサンルイス戦、ティグレスのメキシコ代表アキーノが衝撃ゴール

 UANLティグレスが16日に行われたメキシコのカップ戦(コパMX)でアトレティコ・サンルイスと対戦し、5-1と快勝した。この試合でメキシコ代表MFハビエル・アキーノが圧巻のロングシュートを叩き込み、海外メディアは「典型的なピルロショット」「キャノンショット」と絶賛している。

 試合はホームのティグレスが前半14分に先制すると、同37分に会場が大歓声に包まれる。敵陣に入り込んだティグレスがパスをつないで崩しにかかると、左サイドから一度後方のアキーノにパス。トラップから右前方にボールを転がすと、相手二人が寄せるなかゴールまで約30メートルの位置から右足を一閃。浮き上がるような軌道を描いたシュートは右上角を突き、右ポスト内側に当たってネットを揺らした。試合アナウンサーも思わず「ゴーーール!」と絶叫し、スーパーゴールに会場も騒然となっている。

 試合はその後に3点を追加したティグレスが5-1と完勝したが、海外メディアはメキシコ代表MFの衝撃弾にスポットライトを当てた。アメリカのスペイン語テレビ局「ユニビジョン」は「アキーノは印象深いキャノンショットを放った」と称賛している。

 また、海外サッカーサイト「BeSoccer」は「ピルロの生まれ変わり?」と記しつつ、「コパMXで今年最も美しいゴールの一つが生まれた。ハビエル・アキーノがエリア外から、繊細かつ美しいミサイル弾を放った。思い出されるのは典型的なピルロショットだ」と指摘。鮮やかミドルシュートを何度も叩き込んできた元イタリア代表の名キッカーMFアンドレア・ピルロを引き合いに出し、「何千回繰り返し見ても疲れない」と賛辞を送った。

 コパMXの公式ツイッターやクラブ公式YouTubeチャンネルでゴール動画が公開されると反響を呼び、多くの人の目をくぎ付けにしている。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング