「日本でメッシに変身」 神戸MFイニエスタの活躍に米注目「スーパーゴール製造機に」

神戸MFイニエスタ【写真:Getty Images】
神戸MFイニエスタ【写真:Getty Images】

元スペイン代表イニエスタがJリーグ2試合連続弾 米メディアもゴール量産に驚愕

 スペイン1部の名門バルセロナからJ1ヴィッセル神戸に移籍した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、2試合連続で華麗なゴールを決めて国内外のファンやメディアから称賛を浴びている。そんななか米スポーツサイト「デッドスピン」は「日本でイニエスタがメッシに変身」「スーパーゴール製造機になった」と伝えている。

【PR】試合当日に密着したDAZN×名古屋グランパスのドキュメンタリー番組『The Locker Room』配信中!

 7月22日の第17節湘南ベルマーレ戦(0-3)に途中出場してJリーグデビューを飾ったスペインの名手は、本拠地の第18節柏レイソル戦で初先発を果たして1-0の勝利に貢献。家族を迎えに行くとの理由で一時母国に帰国し、第19節と第20節は欠場したが、第21節のジュビロ磐田戦(2-1)で戻ると圧巻のパフォーマンスを披露し続けている。

 磐田戦では元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキからの鋭いパスを受け、華麗なターンで相手DF大井健太郎をかわし、Jリーグ初ゴールをマーク。さらに続く第22節サンフレッチェ広島戦(1-1)では弾丸ミドルシュートを叩き込んで観客の度肝を抜いた。

「アンドレス・イニエスタが日本に移籍し、スーパーゴール製造機になった。明らかにリオネル・メッシに変身した」と報じたのは米スポーツサイト「デッドスピン」だ。昨季まで共闘したバルセロナのエースであるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを引き合いに出し、イニエスタがメッシになったかのようにゴールを量産していると伝えた。

「元バルセロナのレジェンドであるイニエスタは、攻撃の天才として知られる。彼のドリブルやパス、動きは一貫して驚異的だが、歴史的に最も成功した攻撃的なチームのMFとしては、思いのほかゴール数が伸びていない」

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング