ニューカッスル武藤の初陣を英紙高評価 「10分間の名演技で活発なパフォーマンス」

武藤がトットナムとの開幕戦でプレミアデビューを飾った【写真:Getty Images】
武藤がトットナムとの開幕戦でプレミアデビューを飾った【写真:Getty Images】

開幕戦のトットナム戦に途中出場、1-2敗戦も日本人8人目のプレミアデビュー

 ニューカッスル・ユナイテッドの日本代表FW武藤嘉紀は、現地時間11日に行われた本拠地トットナム戦(1-2)の後半36分から途中出場し、日本人8人目となるプレミアリーグデビューを飾った。現地メディアでは約10分という短い時間ながらも「活発なパフォーマンス」と高い評価を受け、ラファエル・ベニテス監督へのアピールにも成功したと報じられている。

「ベンチからのニューボーイズが輝き、ラファ・ベニテスがストライカーのジレンマを抱える」

 こう特集したのは英紙「The Sields Gazette」だ。ニューカッスルは開幕戦で最前線にFWホセル、その背後にセカンドトップとしてFWアジョセ・ペレスというスペイン人コンビを起用したが、途中出場したベネズエラ代表FWサロモン・ロンドンや武藤も好印象を残したようだ。

 ホセルは前半11分に、一時同点となるヘディングシュートを決めて期待に応えた。1点ビハインドを背負ったこともあり、後半に入るとホセルに代えてロンドン、ペレスに代えて武藤が投入された。

 ロンドンは自慢のフィジカルの強さを見せ、バー直撃の惜しいシュートも放った。出場時間が最も短かった武藤もシュートこそなかったが、持ち前の走力でアピール。限られたポジションを争うアタッカー陣が、それぞれに持ち味を発揮した。

 武藤に関して、ベニテス監督も「彼は我々が期待していたとおりにトライしていた」とポジティブに評価。「彼とロンドン、ホセル、アジョセとタイプの異なるストライカーがいることはチームにとっていいこと」とも語った。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング