レアルの“新エース”ベイル、ユーベ戦で豪快ミドル弾 ICC公式も絶賛「衝撃の一撃だ」

レアル・マドリードのFWギャレス・ベイル【写真:Getty Images】
レアル・マドリードのFWギャレス・ベイル【写真:Getty Images】

流れを引き寄せた同点弾、「ゴール・オブ・ザ・マッチ」に選出

 レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルが、現地時間4日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)のユベントス戦で強烈ミドル弾を決めて3-1の勝利に貢献。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに代わるエースとして期待が懸かるレフティーが、役者ぶりを見せつけた。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 ユベントスへ移籍したロナウドはメンバーに入らず、古巣対決は実現しなかった。強豪同士の一戦はレアルDFダニエル・カルバハルのオウンゴールでユベントスが先にリードを奪う展開となったが、流れを呼び戻したのがベイルの左足だった。

 前半39分、相手DFがクリアしたこぼれ球を拾ったベイルはペナルティアーク付近でボールをコントロール。そのまま思いきり良く左足を振り抜くと、鋭い弾道の一撃がゴール左隅に突き刺さった。

 ICCの大会公式ツイッターはこのゴール動画を投稿。「ギャレス・ベイル、衝撃の一撃だ」とし、ゴール・オブ・ザ・マッチに選ばれたことを伝えた。

 これで同点に追いついたレアルは、後半にスペイン代表MFマルコ・アセンシオが2得点を挙げて逆転。3-1でセリエA7連覇中の王者を撃破した。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング