ベルギー代表FW、マリオカートで東京爆走 母国紙「バナナの皮でスリップしないことを願う」

ベルギー代表FWドリース・メルテンス【写真:Getty Images】
ベルギー代表FWドリース・メルテンス【写真:Getty Images】

ローマFWメルテンス、来日第1弾で京都観光を報告 第2弾はルイージ姿で疾走写真

 今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)で日本代表と対戦したベルギー代表FWドリース・メルテンス(ナポリ)がお忍びで来日し、自身の公式インスタグラムでオフを堪能している様子を発信して話題を呼んでいる。東京の道路をリアルなマリオカートで爆走する写真も公開して反響は拡大しているが、ベルギー紙「HLN」は「バナナの皮でスリップしないで」とジョークで反応した。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、今季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 ロシア大会後のオフを使い、メルテンスはインドネシア・ロンボク島を訪問後、日本にも上陸。公式インスタグラムのストーリー(24時間で自動削除される写真・動画)で京都観光している写真をアップしていた。そして日本観光の第2弾として投稿した写真が、メルテンスが人気ゲーム「マリオブラザーズ」のキャラクターであるルイージに変装し、実際のマリオカートで東京を爆走しているものだった。

 ベルギー紙「HLN」は「マリオカート? メルテンスカートと言って!」との見出しで報じ、「東京にいるレッドデビル(ベルギー代表)が、疾走してストレスを解消。メルテンスはルイージの格好で敬意を払い、東京の道路をカートで走り抜けた」と記している。ユーモア溢れるワンショットに「楽しさ保証――ただ彼がバナナの皮でスリップしないことを願う」と冗談で締めくくった。

 現在31歳のメルテンスはロシアW杯決勝トーナメント1回戦の日本戦(3-2)で先発出場して勝利に貢献。同国史上初の大会3位で終えて帰国した際には、まるで優勝したかのような歓待を国民から受けた。素晴らしい思い出を残したロシア大会を終え、オフも存分に謳歌しているメルテンスの様子を母国メディアも微笑ましく見ているようだ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング