チェルシー新監督、再び“教え子”に食指 インテルと交渉開始、移籍金47億円以上か

(左から)マウリツィオ・サッリ監督、インテルのMFマティアス・ベシーノ【写真:Getty Images】
(左から)マウリツィオ・サッリ監督、インテルのMFマティアス・ベシーノ【写真:Getty Images】

サッリ監督が率いる新生チェルシー、インテルのウルグアイ代表MFベシーノに白羽の矢

 イタリア人のマウリツィオ・サッリ新監督の下で新たな船出を切ったチェルシーが、指揮官の母国イタリアから再び選手を獲得しようとしている。次なるターゲットは、インテルのウルグアイ代表MFマティアス・ベシーノ。英衛星放送局「スカイ・スポーツ」はすでに交渉中だと伝えている。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することをご存知ですか?

 26歳のベシーノは2017年からインテルでプレーするセンターハーフ。今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)でウルグアイ代表にも選ばれ、グループリーグから敗れた準々決勝フランス戦までの全5試合に先発出場した。

 2017年8月からインテルに所属するベシーノだが、エンポリでプレーしていた2014-15シーズンはサッリ監督の指導を受けた経験がある。昨季は新天地インテルで主力として稼働し、リーグ戦29試合3得点の結果を残した。古巣ナポリから司令塔のイタリア代表MFジョルジーニョを獲得したのに続き、指揮官はさらに教え子を加えてチームを自分のカラーに染め上げようとしている。

 すでに交渉は始まっていると報じられており、インテルはベシーノ放出のためには少なくとも3200万ポンド(約47億円)を求めるとされている。

 今季は例年の8月31日ではなく、プレミアリーグ開幕前の8月9日に移籍市場が閉じる。その締め切り日まで残り2週間を切ったなか、サッリ監督の望む新戦力を獲得することはできるだろうか。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング