チェルシーがイタリア代表DF獲得へ、ユベントスと直接交渉 要求額は71億円か

ユベントスのDFダニエル・ルガーニ【写真:Getty Images】
ユベントスのDFダニエル・ルガーニ【写真:Getty Images】

ルガーニの移籍交渉は大詰め イグアイン獲得にも同額が必要か

 プレミアリーグのチェルシーが、イタリア代表DFダニエル・ルガーニの獲得に向けて幹部をイタリア入りさせたという。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」などが報じている。

 チェルシーは新シーズンに向けてイタリア人指揮官マウリツィオ・サッリ監督が就任。当然、補強はサッリ監督のリクエストも取り入れながら進み、当初は昨季まで率いたセリエAのナポリから多くの選手を引き抜くと見られ、実際にイタリア代表MFジョルジーニョを獲得した。

 しかし、こうした動きにナポリのデ・ラウレンティス会長が激怒し、「サッリはナポリを解体しようとしている」と態度を硬化させ、その他の選手の交渉にはまともに取り合わなくなったという。そのため、サッリ監督はエンポリの指揮官時代に指導したルガーニを獲得することを望んでいるとした。

 チェルシーはユベントスの本拠地トリノに、ロマン・アブラモビッチ会長の右腕とされるマリーナ・グラノフスカイア氏を送り込み、直接交渉に臨んでいるという。ユベントスの要求は5500万ユーロ(約71億円)が基本線で、成果ボーナスを含めた総額になるか、プラスしたものになるかなどの交渉が進んでいるという。

 また、チェルシーはサッリ監督がナポリ時代に指導したアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインの獲得にも興味を持ち、こちらもユベントスの要求額はルガーニと同額ほどとされている。

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの獲得で話題を呼んだユベントスだが、今度は放出でチェルシーとの際どい交渉に臨んでいる模様だ。果たして、両クラブや選手にとって満足のいく結果は導き出されるのだろうか。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング