「無意味な論争を探している」 神戸MFイニエスタ、母国の“国旗スパイク騒動”に不満

ヴィッセル神戸MFイニエスタ【写真:Getty Images】
ヴィッセル神戸MFイニエスタ【写真:Getty Images】

Jデビューを果たした湘南戦で履いたスパイクの国旗が母国スペインで物議

 J1ヴィッセル神戸に加入した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、22日に行われたリーグ第17節湘南ベルマーレ戦(0-3)で日本デビューを飾った。しかし、母国スペインでは、プレー以上にイニエスタが着用したスパイクが物議を醸しているようだ。

 イニエスタは湘南戦の後半14分から途中出場。試合にこそ敗れたものの、合流間もないなかで鋭いスルーパスや強烈なボレーシュートで随所に存在感を示した。

 もっとも、母国スペインではJリーグデビューを果たしたイニエスタのプレーではなく、その足元が注目を集めているようだ。湘南戦ではロシア・ワールドカップ(W杯)でも使用したスパイクを着用したが、かかとの部分にスペイン国旗が刻まれており、スペイン国内では一度も披露されなかった一足であることが取り上げられた。スペインメディア「クアトロ」は、その理由にカタルーニャ地方の独立騒動が関係しているのではないかと指摘している。

 しかし、イニエスタは自身の公式ツイッターでこの記事をリツイートし、「日本にいる時でさえ無意味な論争を探し求めている…」とスペインメディアの対応に不満を覗かせた。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング