母国フランスのW杯優勝に「ジェラシーを感じている」 落選の24歳DFが嫉妬心を吐露

ラポルテがフランスのW杯優勝について正直な思いを明かした 【写真:Getty Images】
ラポルテがフランスのW杯優勝について正直な思いを明かした 【写真:Getty Images】

マンCのラポルテが正直な思い明かす 「やっぱり少し残念だよ」

 今年1月に当時のクラブ史上最高額となる5700万ポンド(約83億円)でマンチェスター・シティに加入したフランス人DFアイメリク・ラポルテ。ロシア・ワールドカップ(W杯)メンバーには選ばれず、母国の優勝にも嫉妬心が湧いているという。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

「正直に言うと、ジェラシーを感じているよ」

 プレミアリーグ王者シティでプレーするセンターバックは、ロシアW杯のフランス優勝に対して率直な思いを打ち明けた。

「メンバーに入れなかったのが驚きというわけではない。予備登録メンバーにも僕の名前は入ってなかったからね。でも、やっぱり少し残念だよ」

 ラポルテは育成年代でフランス代表としてプレー。2016年にはフランスA代表にも招集されたが出場はなかった。フランス出身だが、フランス領バスクのバイヨンヌという都市で育ち「バスク純血主義」を貫くビルバオでプレーした史上2人目の外国人選手となった。スペインで8年間過ごし、スペイン代表としてプレーする資格も持つが、自身はフランス代表を選ぶと決意している。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング